プロにお任せしよう!電気スイッチの交換・修理

毎日頻繁に使うスイッチがもし壊れてしまったら

スイッチ

部屋やリビング、トイレなど家中のいたるところの照明に明かりを灯す電気スイッチ。ONにするだけで室内をライトアップできるためとても便利な反面、その利便性ゆえに壊れてしまうと非常に不自由さを感じるはずです。

しかも、電気工事士の資格を持ってでもいないかぎり、個人で交換・修理するのは困難を極めます。場合によっては中でショートしていて、触っただけで感電してしまう危険性もあるのです。当コラムではスイッチが壊れてしまった際の対処法についてご紹介します。また、人感センサーやタイマーなど便利な機能が付いたタイプなど、交換の際におすすめしたい最新のスイッチ事情についてもご案内します。

つかない原因がスイッチの故障かどうかをまず確かめましょう

冒頭で触れたようにスイッチを個人で直そうとすると感電の恐れがあり、最悪の場合、死に至るケースもあります。そのため、スイッチが壊れてしまったら、速やかに業者に連絡して交換・修理してもらうのが最善策だといえるでしょう。ただ、電気がつかない理由はスイッチだけとは限らないので、まずは蛍光灯や電球が切れていないかどうかも同時に確かめてください。

蛍光灯や電球が切れている場合は、何度スイッチを入れても明かりは灯りません。そこで電気がつかない蛍光灯や電球を他の場所に取り付けてみて電気がつくかどうかを確認してみましょう。他の場所でも同様に点灯しなければ、それはスイッチの故障が原因ではありません。速やかに蛍光灯や電球を交換してください。

もう一つの確認方法は、ブレーカーが落ちていないかどうかのチェックです。夜であれば他の電気も消えることで、すぐにブレーカーが落ちているかどうかを確認するでしょう。ただ、日中の場合はブレーカーが落ちたことが原因だと気づかないケースも珍しくありません。スイッチを押しても電気がつかない時はブレーカーの確認も必ず行ってください。

スイッチが壊れている時の対処法

蛍光灯や電球は切れておらず、ブレーカーも落ちていない場合は、電気がつかない原因はスイッチの故障である可能性が非常に高いといえます。壁スイッチ内の配線をつなぎ直して修理するか、新しいスイッチに交換してしまうのが手っ取り早い対処法となります。

早く明かりを復旧されるためにも、近年ではインターネットでやり方を調べて独力で直そうとする人も多いそうです。DIYなど自作で家具などをつくれる手先が器用な方は自身の腕に自信を持っているようですが、電気スイッチの修理・交換は電気事業法によって有資格者以外の作業が禁止されています。

そのため、スイッチが壊れてしまったら、電気工事士の資格を持っている場合を除き、自分で修理しようとはせずに業者に連絡をしてください。また、ご自身でスイッチを壁から無理やり外そうとすると壁を傷つけてしまうこともあります。個人で無理に直そうとしてもいいことはないので、プロにお任せするのが最善の方法だといえるでしょう。

交換時におすすめのデザインがおしゃれなスイッチ

スイッチ2

電気スイッチのイメージは、プラスチック素材で色は白というのが一般的です。しかし、実際には真鍮(黄銅)、陶器、黒皮鉄などさまざまな素材を使用したデザインもカラーもおしゃれなスイッチプレートが多数存在します。

また、スイッチ自体もアンティーク調のトグル式、留守番タイマーがついたものや触らずに手をかざすだけでオンオフが可能なものなど、その種類は多種多彩です。機能性を追求したい場合や部屋のデザインに合わせたい場合など、多くの方がおしゃれスイッチを選んでいます。

故障した時はもちろん、壁紙を変える際にも、その雰囲気に合わせたスイッチに交換することをご検討してみてはいかがでしょうか?

 

是非、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせから完了までの流れ

つけるcomへのお問い合わせ